シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめて消費者金融を利用するには?

はじめて消費者金融でキャッシングをするときの手順

キャッシングは消費者金融で提供しています。消費者金融から融資を受ける手順は、申し込みから行うことになります。申し込みをする前には、インターネットの消費者金融のホームページ上で、申込み資格を確認する必要があります。申し込み資格は多くの業者では、大体は共通しています。20歳以上で安定したした収入があれば、申し込みが出来るのが一般的になっています。

申し込みは電話での申し込みや、WEBサイト上の申し込みが有効です。申し込みをする時は個人情報の提供が必要です。そして住まいの形態や、勤務先の会社の情報が必要です。申し込みをすると消費者金融では、スピード審査を行っています。審査には申し込みした時の情報と、信用情報機関の情報を利用して、合わせて審査を行っています。審査はそれぞれの消費者金融の自社基準で行われています。審査結果は申し込みした本人に、メールや電話で連絡されています。

審査に通った方は、キャッシングの利用ができることになります。そして利用の前には身分証明の提出が必要になります。身分証明の提出は、携帯で運転免許証等を撮影して、メールに添えて送ることも可能です。そしてFAXなどで送ることも可能です。その後には契約が必要になります。契約はWEBサイト上で、契約事項を承認をすると、契約が成立します。契約が終わると振込キャッシングの利用も可能になります。そのほかは消費者金融の店頭や、契約機での契約もできます。契約を終えるとカードを受け取ることが可能になります。

未成年がキャッシングを契約できるのか

未成年でもキャッシングを契約することは可能です。ただし条件があります。それは、「18歳以上であること」「収入があること」「親の同意書があること」の3点です。まず未成年でも高校生以下は申し込みをすることが出来ません。高校生を不可とした18歳以上から申し込みができます。

ただし原則としては20歳以上からとなっているので、18歳から対象とした金融会社を選んで申し込みをする必要があるでしょう。そして、借り入れには返済が当然ありますので収入がない場合は利用できません。収入源はアルバイトでも可能です。あまりにも収入が少ないと融資してもらうことは出来ませんが、ある程度の稼ぎがある人なら大学生でも融資は可能ということになります。

さて、次が問題なのですが、未成年の借り入れには親の同意書が必要です。つまり、親に内緒で申し込みをすることができないということですね。仮に親の同意なしに契約させてしまうと違法になり、それは金融会社の責任なので、債務を無かったことにしなくてはいけなくなります。

貸したはずのお金が無効になるようなリスクを背負って融資する金融会社は通常はありません。仮に親の同意書が必要ないという金融会社があるとしたら、それが悪質な業者ですので絶対に利用しないことです。いずれにしても、未成年は親に相談をすることが条件です。ただし、未成年で結婚している人は成人と同じ扱いになるので親の同意書は必要ありません。

外国人だってキャッシングを活用したい

日本に滞在中の外国人の中には、キャッシングを利用したいという方も少なくはないでしょう。さて、実際に外国人が日本で借り入れをすることは可能なのでしょうか…。結論から言いますと、外国人でもキャッシング契約をすることは可能です。ただし条件があります。それは、「永住権を得ている」「収入がある」「日本語の読み書きができる」「日本語が喋れる」ということです。融資の有無は消費者の返済能力によって決まります。

なので、融資リスクがあると判断されれば審査に通すことは出来ないでしょう。この条件は日本人でも同じなのですが、外国人の場合は日本人よりも融資リスクが高くなっているのが現状です。その理由として、借金を抱えたまま母国へ帰ってしまう可能性があり、また、日本語が理解できないと踏み倒される可能性もあるためです。こういったリスクを感じさせないためには、永住権を得て日本で定職についているということが一つの条件になります。

また、日本にどれくらい長く滞在していようが、日本語を理解できない人には融資が不可能ですので、会話レベルの日本語を理解できなくてはいけません。さらに申し込みは日本語で行いますので、日本語が書けなくては申し込み自体ができないでしょう。この要件をクリアしていれば、キャッシングに申し込みをすることは可能です。あとは収入、職業、借り入れ履歴など個人の条件に応じて、審査に通過できるか否かが変わってきます。

キャッシングを上手く活用する

キャッシングを利用するというと利息が高いと思ってしまう人がおられるかもしれません。しかしながら実は上手く活用すればそういったわけではなく非常に便利に利用する事が出来ると言えます。例えば土日に銀行から1万円のお金を引き出そうとするとATM手数料が105円から210円ほど掛かってしまいます。

逆にキャッシングで1万円を引き出すのであれば土日だろうと基本的にそのような手数料も掛かりません。そして例えばその翌週月曜日に返すとします。そうするとその利息はわずか約10円程なので、ATMの手数料よりも安くなる計算になります。このように利息が高いというイメージかもしれませんが、実は短期での利用は非常にお得に利用する事が出来ますし、ATMの利用手数料よりも安いというほどです。何日間借りるか、いくら借りるのかによって条件は変わってくるでしょうが、このような活用の仕方もあると言えます。

また特に土日や夜などは銀行の時間外やコンビニでも提携時間外となって普通預金口座からお金を引き出せないという場合があるかもしれません。例えば接待などで急に現金が必要となった場合、普通預金口座からお金を引き出せない時間帯であったとしても、キャッシングであれば基本的に24時間いつでも利用する事が出来るので、非常に頼りになると言えます。条件次第ではこちらを利用する方が断然お得になるという事もあるので、上手く活用すれば非常に頼りになる味方になります。



おすすめ消費者金融とカードローン
アイフル
プロミス
アコム
sponserlink

運営者情報、及びお問い合わせ

運営者情報、及びお問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

クレジットカードでキャッシングするか?消費者金融で借りるか?

大手の消費者金融が便利な点

消費者金融一覧

自分にあった消費者金融を見つけよう

消費者金融の役割について


-->