シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

給食費が払えない!≪お金に困った時は消費者金融を賢く使って乗り越えよう!≫

給食費払えない時には相談してみてください

給食費払えないから払わないのではなく、払えるのに払わない人が増えたと一時期メディアで言われていましたが、最近でもまだそういったことが少なくないようです。支払う金額はその学校のある地区にもよって違ってくるのでしょうが、毎月数千円のお金で毎日子どもがきちんと昼食を食べさせてもらえるのだから高い金額ではありませんね。

収入が少なくて生活が苦しく、数千円の捻出すら苦しいような家庭には支払いを待ってくれることもあったり、就学援助費といった小中学生の学校生活でかかる費用を援助してくれる制度もあります。もし払いたくても払えない場合は、学校や役所で相談してみるといいでしょう。昔は給食費というと、毎月茶色の封筒にお金を入れて直接学校で担任の教師に渡していたものですが、今は口座振替などを使うことが多いようです。

それは事務的な仕事の手間を省くためや、盗難など防犯上の問題だったりするのでしょうが、思えば昔のように手渡しで給食を収めるというのは、子どもにお金を渡して手渡すまでの責任感を植え付けたり、そのお金を保護者が支払ってくれるおかげで給食が食べられると実感するいい体験だったのかもしれませんね。

給食費を払いたくなる給食を

今でも、給食費を払わないことがしばしば問題になっていますが、私が現役の小中生の頃は、給食費を払わないことが考えられないくらいでした。なぜなら、給食そのものに子供たちは満足していたからではないでしょうか。

実は、私自身、昨年通っていた中学校が閉校になるということで、記念に学校見学という行事がありました。それに参加した時、私の母校にはランチルームがあり、思い出に身をはせるつもりで何気なく立ち寄ってみました。私の母校では、昔から給食のメニューが1か月の一覧表になっており、子供の頃は、そのメニューを見ながら、学校に行くのが楽しみになっていたものですが、閉校見学の時も、メニューがランチルームに展示してあり、今の子供たちはどんな給食を食べているんだろうと、じっくり見てみると、そのメニューに愕然としました。そのメニューには、おおよそ子供たちが私のように給食を楽しみにできるような内容ではなく、言うならば「またこのメニューか」というような、どれも似通っていたり、メニューからはおいしさが伝わってこないものばかりでした。さらに驚いたのは、1か月のメニューにカレーが一度もなかったことです。おそらく今も昔も、カレーは子供の好きな給食メニューの上位だと思うのですが、これでは、子供たちは何を楽しみに給食を食べるのでしょうか。

もっとも、私がその1か月のメニューを見た時だけそういう現状だったのかもしれないですし、今は昔と違って、食物アレルギーを持つ子供が増え、カレー粉に使用する小麦粉が食べられなかったりする子供も数多くいるのでしょう。しかし、私が子供の頃などは、その日に食べた給食でおいしいメニューがあれば、家に帰って母親にこの給食がおいしかった。今度うちでも作って、とか、また食べたいなぁとよく言っていたものです。

おそらく今の家庭では、給食を食べたこと自体を話す子供が少ないのではないでしょうか。もし、給食の内容が充実していて、子供たちが給食を楽しみに学校に行っている、給食のおかげで元気に学校生活を送れていることが保護者にもっと伝われば、自然と給食費を納めようという気持ちになってくるのではないでしょうか。

学校は勉強するところであって、お金を払って給食を食べさせに行くところではないという意見もあるでしょうが、私は食も教育の一つだと考えています。そのためには、国や自治体がもっと一体になって考え、給食費を払わせる努力をするだけでなく、払いたくなるような環境づくりをすることも重要ではないでしょうか。



おすすめ消費者金融とカードローン
アイフル
プロミス
アコム
sponserlink

運営者情報、及びお問い合わせ

運営者情報、及びお問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

モバゲー課金が払えない!≪お金に困った時は消費者金融を賢く使って乗り越えよう!≫

NO IMAGE

家賃が払えない!≪お金に困った時は消費者金融を賢く使って乗り越えよう!≫

NO IMAGE

電気代が払えない!≪お金に困った時は消費者金融を賢く使って乗り越えよう!≫

NO IMAGE

自動車税が払えない!≪お金に困った時は消費者金融を賢く使って乗り越えよう!≫

NO IMAGE

携帯代が払えない!≪お金に困った時は消費者金融を賢く使って乗り越えよう!≫

NO IMAGE

交通違反の反則金が払えない!≪お金に困った時は消費者金融を賢く使って乗り越えよう!≫


-->