シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融の選ぶポイント

金利、無利息期間に手数料、あなたは何を重視しますか?

お金のトラブルの強い味方となってくれる消費者金融ですが、たくさんの会社があります。その中でどこを選ぶのかはとても重要なポイントです。借入先によって支払う利息などに差がついてしまうからです。

借入先選びのポイントはいくつかあります。まずは金利です。借入れ残高×金利×借入れ日数÷365と言う計算式で利息は計算されるのですが、これはつまり利息は金利に直結していると言うことです。金利の低い借入先を選ぶのは利息を少なくする大切な条件です。次に無利息期間の有無です。無利息期間が適用されれば、その期間内は利息が発生しません。初回の借入れ限定など条件はありますが、上手く使えばとても有効です。そして最後にATMなどの利用手数料が必要かどうかです。ATMを使っての借入れや返済時に手数料が数百円必要になる場合があるのですが、積み重なっていけばこの数百円もバカに出来ません。特定の金融機関を使ったり、中にはコンビニATMが無料で使える会社もあります。払わなくて済めばそれに越したことはないはずです。

ただ、これらを全て満たす借入先は今の所ありません。何を重視するかは利用の仕方によって変わってきます。コツコツと返済するなら金利を。短期で一気に完済する予定なら無利息期間を。少額の借入れなら手数料を。

ご自身の利用方法を想定して、自分にあった借入先を選んでください。

大手消費者金融は、最早優劣は殆ど無い

お金に困って消費者金融を利用とする時に、どこで借りるのが一番良いのか迷ってしまいます。殆どの人は大手の消費者金融を選ぶでしょう。それは間違ってないと思います。

大手消費者金融の各社の違いですが、気になるのはまずは金利ですが、ほぼ横這いなので金利を理由に選択する会社を考える事はしなくて良いと思います。

金利関係でいえば、初めての利用者は無利息サービスを行っている所もあります。無利息と言っても30日間無利息とかです。このサービスは初めての人が借入をして、30日間で完済すれば金利なしで利用できます。完済しなくても最初の月に返済した分は無利息なので丸々元金に当てられます。

一回だけの利用を考えているのなら、このサービスを利用することに意味がありますが、継続利用を考えているのなら、これだけで決めても最初だけなので意味がありません。

こうなって来るとどこを選んでも一緒なのかと思いますが、最後に手数料を見てみましょう。手数料はATMから引き出す時や入金する時に掛かるお金です。この手数料は銀行のATMで自分のお金を下ろすときにも掛かってくるので分かりやすいと思いますが、頻繁に引き出しと入金を繰り返す人は、結構な額になります。大手の消費者金融は手数料を導入しています。

手数料は利用方法を工夫すれば無しで利用する事も出来ますが、殆どが自社ATMを利用すると無料となっていて、便利さが売りのコンビニATMは有料になります。

しかし、借入は振込にして返済は引き落としにすれば、手数料の問題は解決します。

結局大手消費者金融を利用するならどこでもよいとなりました。大手なら何となく気に入った所を選んで良いのではないでしょうか。



おすすめ消費者金融とカードローン
アイフル
プロミス
アコム
sponserlink

運営者情報、及びお問い合わせ

運営者情報、及びお問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする