シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

短期の借入なら無利息で乗り切ろう!一切利息を払わずにお金を借りれる消費者金融まとめ≪消費者金融を使いこなす方法≫

急にお金が必要になったときに役に立つのが一定期間無利息のキャッシングです。

例えば入院費用だったり、葬儀費用だったり、まったく予期していないことが起こった場合、どうしても現金が必要になるときって出てくると思います。常にお金には十分余裕がある人は良いですが、なかなかそんな人ばかりではありません。また蓄えがあったとてしも定期預金を崩したくないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが消費者金融などでお金を借りれば通常は金利がかかってしまいますので、余計なお金を払って損してしまう場合もあります。

しかし今では短期の借入であれば無利息でお金を貸してくれる消費者金融も増えてきています。もちろん永遠に無利息ではなく最初の借入から30日間などそれぞれの金融会社によって多少サービスが異なりますが、短期で全額を返済する予定があればこれは絶対に使わない手はありません。

元から持っているクレジットカードのキャッシング枠を使えば、実はカードのキャッシングって非常に金利が高いのです。ですので多少の手間はかかるかもしれませんが、新たに消費者金融などで借入の申し込みをする方がはるかにお得だと思います。

無利息サービスを実施している主な消費者金融や銀行カードローン

この記事を書いている時点では大手では以下の4社が無利息サービスを提供しています。
プロミス、アコムについては初回借入から30日間、ノーローンにいたっては1週間までなら何度でも無利息で借り入れが可能なプランです。また新生銀行レイクは初めての利用から30日間、または5万円以下の分に対して180日間無利息と2つのプランから選択ができます。これは借入をする金額によってどちらを選べば良いか計算をしてお得な方を選べば良いでしょう。

プロミス(初回利用から30日間無利息)
アコム(初回利用から30日間無利息)
ノーローン(何度でも1週間無利息)
新生銀行カードローンレイク(初回利用から30日間無利息、または5万円以内で180日間無利息)

プロミスの無利息サービス

無利息になる条件としては、

プロミスをはじめてご利用いただくお客さまのうち、Eメールアドレスをご登録のうえ、Web明細をご利用いただくお客さま
出典:http://cyber.promise.co.jp/APE00129.html

と、記載されています。

つまり過去にプロミスを利用した人や現在契約中の人は対象にはなりません。初めてプロミスを契約した場合でメールアドレス登録、Web明細を利用する人が対象となります。これについては実際に利用する人も余計な書類なども不要でネットで明細などをすべて確認ができるのでぞれのほうが便利に使えるでしょう。

無利息期間は初回の出金日の翌日から30日間となります。契約日ではなくて出金日となっていますので、例えば10月20日に契約をしても、出金をしたのが11月1日であればその翌日から30日となります。

アコムの無利息サービス

無利息になる条件としては、

アコムでのご契約がはじめてのお客さま
返済期日「35日ごと」でご契約されたお客さま
出典:http://www.acom.co.jp/p/special/zero/index.html?sid=c48c8b175935a1e680ea&p1=users&p3=c48c8b175935a1e680ea

と、記載されています。

こちらもプロミスと同じく過去にアコムをを利用した人や現在契約中の人は対象にはなりません。初めてアコムを契約した人に限ります。また、返済期日を「35日ごと」で契約された方が対象とあります。アコムの場合の返済日は毎月指定期日、または35日ごとのどちらからを選ぶことができます。毎月指定期日を選択した場合は無利息サービスは受けることができません。

ノーローンの無利息サービス

ノーローンと言えば新生銀行の子会社であるシンキ株式会社が提供するブランドで無利息サービスとしては一番有名かもしれませんね。ノーローンの場合他社と決定的に違うのは「なんどでも」使えるということです。他者の場合は「初回借入から」というのが一般的ですが、ノーローンの場合1週間という短期ではあるけど、何度でも無利息サービスを使えるというのが最大のメリットだと思います。

給料日前などに時々金欠になるというような人は念のために一枚こういったカードを作っておくと良いかもしれません。あと数日で給料日っていう時でどうしてもお金が必要なときは、周りの友人や両親などに借りるのがもちろん一番いいですが、それができない場合は安易なクレジットカードのキャッシングなどに走ってしまう場合があります。クレジットカードキャッシングの場合は金利が高い上に支払日は翌々月とかになるため、忘れたころに支払いだけやってきます。そうなれば今度はまたその時に金欠になってまたキャッシングして・・・という悪循環になる可能性があります。

そういう時のためにこのカードを一枚持っていれば給料前に借りて給料日(1週間以内)に全額返せば、金利もかからない上に支払いが先に伸びることもないので安心して使うことができます。

公式サイトには

借入日の翌日から7日間は無利息
利息はご利用の8日目から超過日数分のみ
完済日の翌月以降は1週間無利息
出典:http://noloan.com/shohinsetumei/murisoku.php

と、記載されています。

短期の借入をする人には非常に便利なサービスではありますが、利用できるのは月に一度のみとなるのでその点は注意をしましょう。1ヶ月に何度も使うことはできません。

新生銀行の無利息サービス

レイクと言えば、以前は「ほのぼのレイク」のキャッチコピーで有名な消費者金融ですが、2011年より新生銀行カードローンとして新規展開しています。こちらの無利息サービスは2種類提供されていて、ひとつは借入総額の5万円までの部分を180日間無利息にするサービスで、もうひとつが借入全額を30日間無利息にするというサービスです。

公式サイトでは、次のように書かれています。

1.契約額1~200万円の方は借入額のうち5万円まで180日間無利息。
2.借入額全額30日間無利息。

どちらの場合も初めて利用される方のみを対象としています。適用期間は契約日の翌日から適用となるようです。
公式サイトでは、借入総額や返済回数ごとで上記の1と2でどちらがお得かをシミュレーションできるようになっています。

まとめ

大手で無利息サービスを実施している消費者金融や銀行カードローンは主に上記の4社です。

どこも一長一短ですのでどこが一番いいかというのは一概には言えませんが、低金利ということであれば銀行カードローンのレイクがおすすめですし、利便性を考えれば大手消費者金融であるアコムやプロミスも非常に便利です。また短期の借入をメインに考えるのであればやはりシンキのノーローンが良いのではないでしょうか?

 



おすすめ消費者金融とカードローン
アイフル
プロミス
アコム
sponserlink

運営者情報、及びお問い合わせ

運営者情報、及びお問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする