シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融から借金あるけど車をローンで買うことができるのか?≪消費者金融を使いこなす方法≫

今や消費者金融は国民の10人に1人が利用している消費者金融。

なんとか毎月返済はしているものの生活するうえでどうしても車が必要になってしまった。もちろんローンで買わなきゃ現金なんてない。

そんな時にすごく気になるのがカーローンの審査です。

ネットでも消費者金融の借金がある場合の自動車ローンや住宅ローンについて検索される人がかなりかなり多いようです。消費者金融の利用率から考えて不安になる人が多いもの頷けます。

そこで今回は自動車ローン、つまりカーローンについて詳しく書いていきたいと思いますが、どちらかと言えばローンというよりは、消費者金融に借金がある状態で頭金なしで車を手に入れることができるかどうか?というテーマだと思ってもらえればいいでしょう。

車を買うときにローンが通らなかった時のショックは計り知れない・・・

消費者金融でお金を借りるときってたいていの人は誰にも言わずにこっそり借りにいくと思いますが、車を買う場合はある程度周りの人にも知らせる場合が多いですよね。友達ならまだしも恋人や奥さん、家族には買う意思表示をするだろうし、一緒に車を選んだり、予算を決めたりするのが普通だと思います。

そこで、車も決まってさあこれにしようってなったのに、肝心のローンが組めなくて・・・ガァーンッ!!!

こんなに恥ずかしいことはないでしょう。もちろん周りの人があなたの借金のことを知っていたら別のところでローン審査をしたり、奥さんなり両親なりに保証人になってもらって審査を通すという手もあります。

ですが誰にも借金のことを告げていなければ、周りの人は「なぜ審査通らないの?もしかしてこの人借金があるんじゃあーーーー!???」ってなってしまいますよね。

なので消費者金融で借入をしている人は車のローンの審査についてはかなり神経過敏になっていると思います。

中古車を買う場合

中古車といっても高年式の車もあれば、低年式の走行距離の多い車もあるため一概には言えませんが、一般的にカーローンの場合は低年式の安い中古車よりも高年式で程度のいい車をディーラーで買う方がローンは通りやすいようです。ディーラー系の場合は信販会社の審査になりますが、ローンの完済までは所有者がローンのなることもあります。

但しディーラー経由のローンだからと言って金利が必ずしも安いわけではありません。新車の場合は輸入車ディーラーなどでよく見かけるような低金利のキャンペーなどをやっていることもありますが、通常中古車の場合はそれなりに金利が高い場合も少なくありませんので気になる方は事前にチェックしておきましょう。

但し、審査に自信があれば銀行のマイカーローンなどを利用するのが一番低金利になる場合が多いでしょう。

また、中古車の場合は一般の格安店などのほうがディーラーに比べてかなり割安感はありますが、中には程度の悪い車がまぎれていることもあるため、多少高くても程度が良くて保証がついているほうが購入後の費用が少なくて済む場合もあります。ここで間違ってはいけないのは安い車だからといってローンが通りやすいというわけではありません。

新車を買う場合

新車の場合は基本的にはディーラーで買うことがほとんどだと思いますのでディーラー経由でのローンになります。身の丈に合わない高額すぎる車でない限り審査はそれほど厳しくはないと思います。但しディーラーのローンでも金利が高い場合があるので事前に確認しておくことをおすすめします。

カーリースという方法

新車を買う場合はもうひとつ方法があります。それは最近利用している人も多いカーリースという方法です。いろんな会社がカーリースを出していますが、例えばコスモ石油のコスモスマートビークルの場合であれば、購入にかかる諸費用や購入後に必要な最低限の経費、例えばタイヤ交換費用やオイル交換、車検費用などを含めて毎月のリース契約になります。毎月の支払いは新車をローンで買うよりは多少高くなりますが、メンテナンス費用が不要なため毎月定額のみの支払いになるため計画的に返済することが可能です。

またコスモスマートビークルのサイトによれば以下のように記載されています。

Q.ローンとの違いを教えてください
A.リースは契約期間のご利用代金をお支払い頂くものです。車の所有者がリース会社となるところがローンとは異なります。車検証には、所有者:リース会社、使用者:お客様のお名前が明記されます。また、ローンとの比較表を下記URLに記載しておりますので、そちらもご覧ください。
出典:http://www.cosmo-oil.co.jp/carlife/bcle/faq/detail/1_2.html

リース契約中は車の所有者はリース会社、使用者があなたの名義になります。これはリース会社が車を買い上げてあなたに貸しているというスタンスですので荒っぽい言い方をすれば、もしあなたがどうしても支払いができない状態になった場合は車を取り上げることも可能だということです。つまり車が担保になっているため、リース会社のリスクは低いため、比較的審査には通りやすい可能性があります。

中古車のリースという方法

どうしても審査に通らないという人は中古車リースという方法もあります。大手ではオリックスが中古車リースを行なっていますが、あまり一般的に普及はしていないようです。これは管理人の個人的な意見ですが、どちらかと言えば中古車リースはあまり割安感がないように感じるためかもしれません。

また地域によっては時々中古車店舗がユーザーと直接リース契約をして貸し出している場合がありますが、低年式車や多走行車、不人気車が割り当てられていることも多いため長期的に車を使う場合は購入した方が安い場合が多いようです。

まとめ

基本的に借金があっても車を買う、またはリースで手に入れることは十分可能です。
但し、借金のある人が車を乗る場合は今まで以上に支払いが増えてしまうため、十分に返済のシミュレーションをしておくことが大切です。

モデルケースとして以下のページもぜひご覧下さい。

借金があるのに自動車ローンに申し込んでみた結果は!?2人のモデルケース
借金のある人や多重債務者が自動車ローンを申し込む前に必ずやっておくべき6つの項目



おすすめ消費者金融とカードローン
アイフル
プロミス
アコム
sponserlink

運営者情報、及びお問い合わせ

運営者情報、及びお問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする