シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロミス、アコム、アイフル、モビットでいろんな条件でお試し審査をしてみた結果

どこの消費者金融も今ではネットでの申し込みが一般的になっていて、さらに便利なことに匿名で審査ができるお試し診断やお試し審査というものが搭載されています。

お試し審査については下記ページで詳しく書いています。
消費者金融の審査に不安がある人は、まずはお試し審査で自分の属性を確認しよう!

今回は消費者金融のプロミス、アコム、アイフル、モビットでいろんな条件でお試し審査をしてみた結果を書きたいと思います。

これから新たに消費者金融での借入を考えている人は参考になると思いますが、それぞれの会社によって入力項目が異なるため、全く同じ条件というわけではありませんので、あくまでも参考程度にしておいて下さい。

なお、それぞれのお試し審査項目は下記の通りです。

プロミス:生年月日(年齢)・年収・他社借入金額
アコム:生年月日(年齢)・性別・既婚of未婚・他社借入件数・他社借入金額
アイフル:年齢・雇用形態・年収・他社借入金額
モビット:生年月日(年齢)・年収・他社借入金額
*年齢と他社借入金額は全てありますが、アコムのみ年収の記入欄はありませんでした(あくまでもお試し審査の項目です)。

上記の内容で下記の設定でいくつかお試し診断をした結果をまとめました。

モデルケース1プロミスアコムアイフルモビット
年齢:35才
雇用形態:アルバイト
年収:180万円
他社借入金額:0万円




年齢:35才
雇用形態:アルバイト
年収:180万円
他社借入金額:30万円




年齢:35才
雇用形態:アルバイト
年収:180万円
他社借入金額:60万円


?



*雇用形態はアルバイトとしておりますが、アルバイトであっても「安定した収入のある方」が対象となります。
*他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

以上のような結果になりました。

アコムが「?」になっているのは、他社借入金額が60万円であっても「融資可能」と判断されましたが年収の入力項目がないため「?」にしています。

また他の3社についてはすべて「申し訳ございませんが、ご入力いただいた情報では判断できませんでした。」と表示されます。

まとめ

あくまでもお試し審査ではありますが、年収を少々低くしても「融資可能」と表示されますが、他社借入金額が年収の3分の1を1万円でも上回っている場合、「申し訳ございませんが・・・(以下略)」という表示になります。

消費者金融から借りる場合はどうしても総量規制があるため、年収の3分の1を超える借入はどこも難しいようです。

もしそれ以上に借入をしないといけない状況であったり、複数の借金をひとつにまとめて借り換えをしたいという場合であれば、銀行カードローンをおすすめします。銀行カードローンの場合は総量規制の対象外のため、年収の3分の1を上回っても借入が可能です。

また金利も安く、各社おまとめや借り換えローンなどにも力を入れていることもあり、脱出不可能な多重債務に陥る前に銀行カードローンで借入をひとつにしておくのもひとつの方法です。



おすすめ消費者金融とカードローン
アイフル
プロミス
アコム
sponserlink

運営者情報、及びお問い合わせ

運営者情報、及びお問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする