シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

期間工や期間従業員の場合でも審査には通るの?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

消費者金融でお金を借りる 期間従業員の場合は大丈夫か

消費者金融でお金を借りる 期間従業員の場合は大丈夫かどうかは勤続年数にかかわってきます。

消費者金融ではお申し込み条件に安定した収入を得ていることが含まれています。

期間従業員の場合は安定した職種であるか微妙な所ですが、契約期間の間は安定した収入を得ていることには間違いないです。

しかし消費者金融の審査ではお申込者が申告された勤務先の勤続年数も重要視していることが多いです。

勤続年数が短いより長いほうが返済能力が高いと判断されます。

消費者金融にもよりますが半年以内の勤続年数だと返済能力が疑問視されて審査に落ちやすい傾向があります。

勤続年数が3ヵ月以内だとほとんどの消費者金融では難しいです。

ですが銀行のカードローンでは勤続年数1年以内だと審査が厳しいです。

勤続年数が短くて審査に不安がある方は消費者金融のほうが良いです。

期間従業員で短期契約の場合は少し難しいかもしれませんが、消費者金融にお申込みして審査を受けてみるだけの価値はあります。

しかし審査に落ちたからと次々と消費者金融にお申込みされるとかえって審査に通らなくなります。

期間従業員が消費者金融でお金を借りるには?

消費者金融でお金を借りる人にはどんな人がいるでしょうか。学生、専業主婦、フリーター、派遣社員などいろいろな職業の人がいるでしょう。銀行より審査が厳しくないので、他の金融機関や銀行で審査が通らなかった場合でもお金を借りることができるのが消費者金融のいいところです。

期間従業員の人が消費者金融でお金を借りるにはどうしたらいいでしょうか。安定した仕事をしているわけではないですが、一定の期間は仕事があるので無職の人とは状況が違ってきます。正社員に比べると審査が厳しくなるので限度額が低くなったりすることはありますが、まったくお金を借りることができないということにはならないと思いますので、まずは申し込みをしてみるといいでしょう。

1社の消費者金融からの融資では必要なお金が間に合わないという場合は、金額を少なくして複数の消費者金融からお金を借りて金額を間に合うようにするという方法も取ることができます。できれば1社の消費者金融から借りることができたほうがいいですが、そのときの状況に応じて必要な金額を融資してもらえるように考えることも重要になってきます。

 



おすすめ消費者金融とカードローン
アイフル
プロミス
アコム
sponserlink

運営者情報、及びお問い合わせ

運営者情報、及びお問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

個人事業主なので借りれるかどうか心配・・・≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

収入のない専業主婦が消費者金融でお金を借りるには?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

生活保護受給者は消費者金融を利用できるのか≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

高齢者が消費者金融でお金を借りるにはどうすればいいの?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

安定の公務員はお金を借りるのにはやっぱり有利!?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

もし日雇い労働者であってもお金を借りれるのか?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫


-->