シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融の新規申込の際は、口座振替返済の時は印鑑が必須ですが、印鑑証明書は特に不要です!

消費者金融の新規申込の際は、口座振替返済の時は印鑑が必須ですが、印鑑証明書は特に不要です!

消費者金融でお金を借りる事のメリットの1つに、最低限の提出書類だけで、初心者でも容易に手続きしやすい点が挙げられます。

消費者金融で新規借入を申し込む時は、原則として身分証明書と印鑑がセットであれば、最終的な融資までスムーズに手続きできます。

ちなみに消費者金融や銀行問わずキャッシング申込の際は、追加で住民票や印鑑証明書など複数の書類は用意する必要がありません。

運転免許証やパスポート、健康保険証のいずれか1つ用意できれば、それが立派な身分証明書として見なされるので、印鑑証明書まで市町村の役所で取得する手間はいらないのです。

ただ印鑑は、消費者金融でキャッシング返済する際に所有銀行口座から引き落としする方法を選択した場合に、お届け印として提出する必要があるので、取引が終わるまでは無くさないようにしましょう。

ちなみに収入証明書は、借り入れを希望する金額によっては手配を求められる事がありますが、50万円以下の借入なら、まず提出する義務は免れるでしょう。

このように消費者金融は、申込に必要な書類の数も大変少なく、全ての手続きをインターネットでできる事も即日融資の素早さに拍車を掛けているのです。

消費者金融でお金を借りる際に印鑑証明は必要か?について

消費者金融でお金を借りる際に印鑑証明は必要か?について結論から申し上げると不要です。

消費者金融では必要書類として本人確認書類と収入証明書類の2種類の書類があります。

本人確認書類はお申込者ご本人の運転免許証や、健康保険証、パスポートなどです。

収入証明書類は源泉徴収票、確定申告書、給与明細書などです。

ご利用限度額が低い場合は収入証明書類の提出は求められないことが多いです。

運転免許証は持っている方が多いでしょうから、この簡単に準備できる書類だけでお申込みすることが可能です。

しかし消費者金融から印鑑証明と実印を用意してくれと言われた時は注意が必要です。

それは公正証書を作成することが目的な可能性があるからです。

この公正証書が作成されると、債権者である消費者金融はご利用者が支払いを滞納したときに、

裁判を起こさなくても公正証書に基づいて強制執行するよう裁判所求めることが可能なのです。

しかし実際には新貸金業法でご利用者が守られているので、公正証書が作成されることはほとんど無いです。

大手の消費者金融ならまずありませんが、もし印鑑証明と実印の提出を求められたときは安易に渡さないほうが良いです。



おすすめ消費者金融とカードローン
アイフル
プロミス
アコム
sponserlink

運営者情報、及びお問い合わせ

運営者情報、及びお問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

消費者金融でお金を借りる際に必要なものについて

NO IMAGE

消費者金融で一括申し込みを利用するには?

NO IMAGE

営業時間は消費者金融によって違いが発生

NO IMAGE

消費者金融の賢い使い方は?≪消費者金融の基礎知識≫

NO IMAGE

消費者金融でのお金の借り方と手順

NO IMAGE

手続きをすれば消費者金融の融資がばれないで済みます。


-->