シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活保護受給者は消費者金融を利用できるのか≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

生活保護受給者は消費者金融を利用できるのか

生活保護を受けている方は、消費者金融でお金を借りることができません。消費者金融からお金を借りることができるのは、安定した収入がある人のみです。生活保護費の場合は収入ではなく扶助という名目で支給されます。収入とみなされないので生活保護費で生活している方が消費者金融のキャッシングに申し込んでも審査に落とされてしまうのです。

なお、収入証明などを必要としない範囲で生活保護を受けていることを隠して申し込みをすると審査に通ってしまう場合がありますが、これは避けるべきです。発覚すると、まず借入分は収入と同じ扱いになり保護費が削られます。また生活保護費から借金を返済することは認められていませんので、返済額にあたる部分を削られることもあります。悪質な場合は生活保護の廃止、返還請求を受ける可能性がありますし、不正受給として告発される可能性もないわけではありません。

生活保護を受けながら仕事を探し、安定した収入を得られるようになって保護を受けないようになれば、いくらでも消費者金融を利用することができます。生活保護を受けている方が消費者金融を利用したいならば、まず公的扶助ではなく自力での収入を確保しましょう。

意外と間違った認識のある生活保護者のキャッシングについて

従来、消費者金融でキャッシングする目的というのは、生活費に値するお金の捻出が一時的に難しい時に、緊急対策として利用するものと定義されています。

キャッシングするという事は、最低限借りた分だけの返済能力を有する事が求められるので、将来収入見込みが期待できない人に対しては消費者金融の業者は一切融資を許可しません。

何らかの疾病の事情で生活保護を受給している場合は、在住地域の地方自治体から最低限の生活に不自由しない程度の資金がきちんと支給されているので、身の丈に合った暮らしをしていれば、余程の事がない限りキャッシングに手を出してしまう必要はないはずです。

ちなみに生活保護の受給金は、自力で稼いだ収入とは見なされないので、消費者金融の利用条件に掲げる安定収入があるという項目を十分に満たす事ができません。

また誤解している人が意外に多いのですが、生活保護の受給金から、キャッシングの返済に充てる事は法的にタブーとされています。

今後、消費者金融で融資を受けたいなら、まず生活保護から脱出する事を考え、定職に就いて経済的に独立してから考えるようにしましょう。



おすすめ消費者金融とカードローン
アイフル
プロミス
アコム
sponserlink

運営者情報、及びお問い合わせ

運営者情報、及びお問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

収入のない専業主婦が消費者金融でお金を借りるには?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

芸人目指してがんばっている状態でもお金を借りれる?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

お金を借りる際の年齢制限は?年金生活者がお金を借りることはできるのか?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

家事手伝いでもお金借りれる?

NO IMAGE

もし日雇い労働者であってもお金を借りれるのか?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

高齢者が消費者金融でお金を借りるにはどうすればいいの?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫


-->