シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金を借りる際の年齢制限は?年金生活者がお金を借りることはできるのか?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

年金生活者が消費者金融に申し込むときの注意点

安定した収入があるかぎり、ほとんどの人が消費者金融でお金を借りることができます。しかし、年金生活者の場合、いくつかの注意点があり、それを満たさない場合には審査に落ちてしまうことがあります。

最初に気をつけたいのは利用条件にある年齢制限です。消費者金融の融資を利用できる資格として満何歳まで、といったような制限が必ず設けられています。おおよそ60歳未満から70歳未満の幅で年齢制限が設けられており、これを超えてしまう方は申し込みをしても審査には通りません。自分の年齢でも利用できる消費者金融を探す必要があります。

次に注意しなければいけないのは収入の条件です。消費者金融は利用条件に安定した収入を挙げていますが、中には年金収入では安定した収入だと認めてくれないところがあります。年金収入以外に安定した収入が必要になるので、年金のみで生活している方は融資を利用できません。公式ホームページの利用資格の欄外、またはよくある質問の項目の中に年金収入では利用できないという記述があれば、その消費者金融は利用できないのです。年金収入で利用できる消費者金融を探しましょう。

意外と知られていない年金生活者がお金を借りる場合の注意点

年金生活者が何らかの事情でキャッシングする必要に迫られた場合、消費者金融を利用してお金を用立てたい時は、年金以外に何か収入源がないと、基本的に貸付は許可してくれません。

その収入を得る手段は、パートやアルバイトという形態でもいいのですが、まず年金以外に定期収入がある旨を証明しないといけません。

そして意外に見落とされやすいのが、消費者金融を利用できる年齢制限で、多くの消費者金融はギリギリ69歳までなら新規申込を受け付けています。

ですので、もし69歳以下で年金を受給しながら定職に就いている人なら、消費者金融でのキャッシング審査は問題なく通るでしょう。

ただ年金生活者の場合、消費者金融でお金を借りるよりも、もっと低金利でお得に借りれる年金担保融資というものがあり、安い時期なら年利1%台という利息設定です。

また年金担保融資から生活資金として借りれる上限の金額は100万円になっているので、消費者金融を利用するよりも、多額の借入ができる可能性もあります。

また返済金についても、年金担保融資なら受給している年金から差し引きされるので、大した手続きも不要です。

いずれにせよ、年金生活者が消費者金融を利用したい場合は、年齢制限には十分注意を払い、年金以外に稼ぎ口がある事を事前に確認しておきましょう。



おすすめ消費者金融とカードローン
アイフル
プロミス
アコム
sponserlink

運営者情報、及びお問い合わせ

運営者情報、及びお問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者が消費者金融でお金を借りるにはどうすればいいの?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

仕事がアルバイトやフリーターでもお金を借りれるか?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

もし日雇い労働者であってもお金を借りれるのか?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

夜のお仕事キャバ嬢でもお金を借りれるか?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

収入のない専業主婦が消費者金融でお金を借りるには?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

安定の公務員はお金を借りるのにはやっぱり有利!?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫


-->