シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事がアルバイトやフリーターでもお金を借りれるか?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

アルバイトやフリーターでも消費者金融で借入は可能です。

アルバイトやフリーターの方で消費者金融からお金を借りたいと思っているけれど審査に通るかどうか不安に思っている人はいるかもしれません。結論から先にいえばアルバイトやフリーターの方でも条件次第で消費者金融からお金を借りることは可能です。

条件というのは各消費者金融によって基準が異なる場合がありますが、一般的に設けられている基準として収入があることが挙げられます。収入を証明するものは給与明細書や源泉徴収票などになり、収入がある方であれば基本的にどちらも発行されているはずのものになりますが、消費者金融によっては借入金額が50万円以下であれば収入証明は提出不要という場合もあります。

また、アルバイトやフリーターであっても審査時に行われる確認作業が在籍確認です。審査時に申告した勤務先へ本人が本当に勤務しているのかを電話で確認するという確認作業です。在籍確認については借入金額関係なくほぼ実施されますので在籍を偽って申告することは止めましょう。あとは過去に消費者金融などで返済遅延などの事故歴が無いなども重要な条件になってきます。それらの条件をクリアしていればアルバイトやフリーターでも消費者金融でお金を借りられる可能性は高いです。

アルバイトやフリーターが消費者金融でお金を借りるには

アルバイトやフリーターがお金を借りるにはどうしたらいいでしょうか。まず最初に思いつくのが親や友だちから借りるということですが、いろいろな事情があって人からは借りることができないという人も多いのではないでしょうか。

次に思いつくのは銀行で借りるということです。金利が安いので借りるときに助かりますが、その分審査が厳しく時間がかかってしまいます。正社員として雇用されているのではなくアルバイトやフリーターで働いというという人には審査を通ることが難しいでしょう。

アルバイトやフリーターがお金を借りることができるというと消費者金融でお金を借りるという方法ではないでしょうか。金利は高くなってしまいますが、銀行のように金利が安くても借りることができなければ金利が高くても安くても同じことです。消費者金融で借りる場合には金利は高くなってしまいますが、審査が通りやすいのでアルバイトやフリーターの人にはお勧めです。限度額がそれほど高くなければすぐ審査が通りお金を借りることができるので、急にお金が必要になったときには便利でしょう。

 



おすすめ消費者金融とカードローン
アイフル
プロミス
アコム
sponserlink

運営者情報、及びお問い合わせ

運営者情報、及びお問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

生活保護受給者は消費者金融を利用できるのか≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

もし日雇い労働者であってもお金を借りれるのか?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

安定の公務員はお金を借りるのにはやっぱり有利!?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

個人事業主なので借りれるかどうか心配・・・≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

収入のない専業主婦が消費者金融でお金を借りるには?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫

NO IMAGE

夜のお仕事キャバ嬢でもお金を借りれるか?≪消費者金融でお金を借りる職業別編≫


-->